banner

葬式の受付や遺族への挨拶について

banner 葬式や告別式中の私語は厳禁です。
故人に思いをはせ、冥福を祈るのが最優先です。
遺族も、悲しみと式の進行や手配で心労が重なっていますので、遺族への言葉はお悔やみにとどめておきましょう。
そして、受付や遺族の前での挨拶は、「このたびはご愁傷様でした。
お悔やみ申し上げます」という感じで、気持ちを伝えるようにしましょう。
悲しみの中にいる遺族に対して、余計な慰めは逆効果になります。
弔事では、悲しみに暮れる遺族をなぐさめ、個人をしのぶ気持ちを表すためにも、決まりごとを外さないようにしましょう。
また、お通夜やお葬式などそれぞれの場面にふさわしい振る舞いを覚えておくようにしましょう。
また、宗教によっても、マナーや香典も違いますので、気をつけましょう。

格安結婚式

吉田神社 結婚式

豊国神社 結婚式

上賀茂神社 結婚式

岡崎神社 結婚式

葬式 挨拶関連情報一覧

banner
長い人生何があるかわかりません。
身内に不幸があり喪主を務めなければならない、ということも多か

お葬式での喪主の挨拶

banner
通夜や葬式でご遺族の方にお悔やみの言葉かけをする際は、シンプルで差しさわりのない言葉で手短に挨拶をす

遺族への挨拶で気をつけたいこと

banner
お通夜やお葬式に際して、お悔やみや弔辞など、挨拶をする場面は多々あります。
遺族側としても、ま

お葬式での挨拶で気をつけることとは。

Copyright(c) 葬式 挨拶 All Rights Reserved.